お笑い養成所

住宅ローンが支払えなくなったときの代位弁済とは?

住宅ローンが支払えなくなったときの代位弁済とは?

 

住宅ローンを組むにあたって、当然ですが債権者である金融機関は
ただで何千万円というお金を貸してくれるわけではありません

 

その住宅ローンを組む不動産に対して担保権を設定して、
もしも住宅ローンが支払えなくなった際には
その担保権を行使してその家を売却して
借金の回収にあたりますと約束させます。

 

さらに、それだけではまだ心配なのか、他に保証人を立てなければ
住宅ローンを組ませませんよ、と要求してきます。

 

といっても、保証人になってくれる人なんて、
なかなか探しても見つからないのは金融機関も承知していますから、
保証人ならぬ保証会社とちゃんと提携しています。
そして、債務者は自動的にその保証会社に加入させられます。

 

そして、もしも債務者が住宅ローンの支払いを
3ヶ月なり6ヶ月なり滞納してしまったら、
「期限の利益の損失」という扱いになり、
債権者である金融機関は、保証会社に対して代位弁済を求めます

 

つまり代位弁済とは、債務者が住宅ローンを支払えなくなったら、
その分を代わりに保証会社が金融機関に支払うということです。
となると債権者である金融機関は全く損をしないという仕組みです。

 

ちゃっかりしているといえばそうですが、何千万円ものお金を
住宅ローンが支払えなくなったからといって、その都度踏み倒されては
逆に金融機関の危機になりますから当然でしょうね。

 

そうして代位弁済が行われた後は、それで債務者の支払い義務は
終わったのかというと、もちろんそんなはずはありません。
支払ってくれたのは保証会社なわけですから、今度は
その保証会社に対して債務者は支払いを続けなければなりません

 

さらに、その時にはすでに「期限の利益の損失」と
なっている状態なわけで、そのまま家に住み続けることはできません。
住宅ローンは無くなっていますが、任意売却や競売といった方法で
自宅を売却しなければなりません。

 

そして、売却した分で少しでも借金を返済して、
それでも残ってしまった借金は
少しずつでも保証会社に返済していくという流れになります。